検討!脱毛サロンのコースいろいろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔はカミソリだった

夏になるといつも以上に目にする脱毛のコマーシャル、この脱毛というエステが一般的になったのは、約30年ほど前ではないでしょうか。
宣伝の「永久脱毛」という言葉に魅力を感じたものです。
当時は無駄毛の手入れとしては、カミソリが主流でした。
お風呂場で手足や脇の手入れをした女性は多かったと思います。
友達に話すことはありませんでしたが、小学生くらいから無駄毛の処理には困っていたように思います。
その頃は今ほどに情報もなく、女性向け雑誌も20歳以上の人が対象のものばかりで、10代では本当に知識がありませんでしたが、おそらく同年代の女性たちは同じようにカミソリで処理していたのではないかと思います。
一度カミソリで手入れを始めると、毎日しなくてはいけなくなります。
伸びてきた短い毛がチクチクするからです。
またストッキングをはくと、網目からピョコピョコと毛が顔を出すので、余計に目立ってしまうからです。
冬になってストッキングからタイツになったり、パンツルックになるまで足のカミソリによる無駄毛処理は毎日続きますし、脇も袖が長くなるまで毎日続くのです。
実際、カミソリでの処理は肌を傷めてしまうのでお薦めは出来ないそうです。
石鹸をつけていてもどうしても肌を傷つけてしまうものだそうです。
また、ちょっと手が滑ると大怪我にもなりかねない危険なものですから、出来ればカミソリでの処理は避ける方が良いのでしょう。
最近では子供向けの雑誌でも無駄毛の手入れ方法が特集されていたり、昔とはかなり情報量も違っています。
また母親も娘がおしゃれにすることを喜んで手伝っている人も増えたようですので、もっと安全で安心な方法を利用していると思います。
同じカミソリでも、T字で持ち手も大きくしっかりと握れるタイプになっていたり、横滑りを防ぐ設計や、万が一横滑りをしても肌を切らないように安全ガードがついていたり。
ボディソープなどをつけてからカミソリを利用するのが一般的ですが、その際に手にソープがついていて滑りやすくなってしまいます。
このようなことも想定されているのか、カミソリの刃の周りをソープで囲んでいるものもあります。
これでしたら簡単、手軽に無駄毛処理がしやすく、また安全です。
このソープつきカミソリの良い点は、ソープの種類がいくつかあることです。
肌を柔らかくするシアバター配合のものや、アロエ配合のものもあります。
探すと他にも種類がありそうです。
ソープがなくなったら、付け替え用が販売されているので他のシリーズを試してみるのも楽しいかもしれません。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2016検討!脱毛サロンのコースいろいろ.All rights reserved.